目黒区医師会ロゴ

小児のコロナワクチン接種について

小児のコロナワクチン接種について

令和4年4月1日 発行

子どもにコロナワクチンは必要でしょうか?

2019年末、中国武漢に重い肺炎などをおこし、死亡も稀ではない病気が出現しました。それは瞬く間に世界中に拡散しSARS-CoV-2による感染症、Covid-19と命名されました。最新の技術を駆使して、短期間のうちに開発されたワクチン、それがmRNAワクチンです。mRNAは情報伝達の働きを有し、役目を終了すると短時間のうちに分解処理されます。ヒトの細胞核内には入れないので、長期にわたる影響やヒトの遺伝などへの問題は生じないといわれています。これはウイルスの表面にある突起(Sタンパク)を合成するための情報をもった遺伝子(mRNA)であり、注射により筋肉内に入ると筋肉細胞内に取り込まれます。そこでSタンパクが作成され、これを感知した免疫細胞であるリンパ球が、感染防御に必要なS抗体を作成します。S抗体はウイルスがヒトの細胞に侵入するために必要なSタンパクに結合してウイルスの侵入を防止します。今までにはなかった新しいワクチンなので、特に子どもに接種するにあたって、「大丈夫?」「副作用は?」「成人してからの問題は?」と心配になります。米国では2020年12 月成人への接種が開始され、2021年5月には16歳以上、同年11月には5歳から11歳へと、適応年齢が拡大されました。2020年12月から2021年12月までにCOVID-19ワクチンが米国で4億7千万回接種され、副作用の報告が検討されました。また2021年11月3日〜12月19日までに5〜11歳の子どもにファイザーのmRNAワクチンが約870万回接種され、有害事象などの検討も行われました。ここで把握されたものは、約4200件であり、ほとんどが発熱、嘔吐など軽い症状でした。ワクチン後の心筋炎は気になるところですが、Covid-19に感染した場合の心筋炎は頻度も程度も数倍以上、また長期化する場合があります。一方でワクチンによる心筋炎はより軽症で、ほぼ全員が回復していると報告されていますが、胸痛や動悸などの訴えには迅速な受診が必要です。接種後数日にみられる局所の痛みや腫れ、インフルエンザのような悪寒、発熱、筋肉痛、倦怠感、頭痛など、成人よりも少ないですが、やはり子どもにも発現します。2022年3月、今まで接種をしていなかった5歳から11歳に、接種券が配布されます。

では子どもにワクチン接種をする利点は何か?

ワクチンの利点としては、罹り患防止、あるいは罹り患しても軽症化できることです。また生活制限緩和、周囲への感染予防も期待できます。

確かに子どもは不顕性感染も多く、また症状が出ても 軽症といわれていますが、日本でも重症になり、集中治療室への入院を必要とした子どももいますし、外国では死亡も報告されています。その中でもMIS- C(Multisystem InflammatorySyndrome in Children, 小児多系統炎症性症候群) と言われるものは、コロナ罹り患後、数週間で発症し全身に様々な症状を認める重い病態で、子どものコロナ感染症において稀ではありますが、最も危惧されています。コロナそのものは気づかないか、軽症のことが多いようです。

このような重症化については、ワクチン接種済か、未接種かで明らかな差があり、ワクチンには重症化予防の効果があることを多くの論文が示しています。

また、ロングコロナと言われ、数カ月続くことがある様々な症状も子どもにも起こることがありますので、できるだけコロナにかからないような工夫や努力が必要です。

子どもたちの健やかな成長を保証するためにも、一日でも早くこの疫病が消え去ることを願わない日はありません。

もう少し、もう少しと、期待しつつ、我慢してきたところですが、すでに2年半経過しました。本当にいい加減にしてと、ウイルスに文句を言いたいです。

(N・K記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

目黒区休日診療所

目黒区休日診療所

令和4年2月1日 発行

皆さんは目黒区休日診療所をご存知ですか?目黒区医師会では、目黒区役所が区内3か所に設置した目黒区休日診療所を運営しています。具体的には、鷹番休日診療所(電話03-3716-5311)、中目黒休日診療所(電話03-5721-6110)、八雲休日診療所(電話03-5701-2492)の3か所です。それぞれの場所は、鷹番休日診療所が目黒区医師会別館1階、中目黒休日診療所が目黒区総合庁舎別館1階、八雲休日診療所がパーシモンホールに隣接した1階にそれぞれ位置しています。受付時間は、鷹番休日診療所は、土曜日が17時~21時30分、日曜日と祝日が、9時~11時30分と13時~21時30分。中目黒休日診療所と八雲休日診療所は、日曜日と祝日の、9時~11時30分と13時~16時30分が原則です。

休日診療所の利点は、(1)医師会員約20名による輪番制であり、仮に担当医の誰かが都合が悪い場合には別の医師が担当するため、結果的に休診がないこと、(2)受付事務、看護師ともに経験豊富な熟練したスタッフが多く安心感があること、(3)それぞれの休日診療所に隣接して院外薬局があり、処方された薬の入手が容易であること、(4)電話による医療相談が可能であり、また近隣の医療機関の情報も得られること、(5)最近、患者数が多くないため、待ち時間が少ないこと、(6)必要に応じて発熱外来等の対応が可能であること、等が挙げられます。

昨今のコロナ禍の影響もあり休日診療所の運営方法は柔軟に行っています。以前は休日診療所を上記3か所運営していましたが、その後、鷹番休日診療所と中目黒休日診療所の2か所で運営し、八雲休日診療所は年末年始や大型連休の時のみ運営していた時もありました。この原稿を書いている令和3年12月の時点では、鷹番休日診療所と八雲休日診療所の2か所で休日診療を運営しています。なお、中目黒休日診療所では、状況により発熱外来を実施しています。ちなみに令和3年の年末から年始にかけては、中目黒休日診療所で午後の発熱外来を実施予定です。なお診療内容は新型コロナ+インフルエンザ迅速抗原検査および処方です。

皆さんご存知のように日本では現在、新型コロナウイルス感染症の第5波がほぼ収束しています。目黒区内での月別新型コロナ感染者数も令和3年7月の3424人をピークにその後は急速に減少しました。しかしながら今後オミクロン株の蔓延等が生じた場合、第6波が始まる可能性があります。従って今後の状況によっては、休日診療所等で新型コロナのPCR外来等も実施する必要が生じるかもしれません。実際、目黒区医師会では令和2年4月から令和3年10月までの間、新型コロナのPCR検査の外来を運営し、5954名の検査を実施しました(陽性者589名、9.9%)。なおこの間、目黒区内の全医療機関で実施した新型コロナのPCR検査数は62494名でした(陽性者7302名、11.7%)。

休日診療では、新型コロナに限らず、インフルエンザや小児の発熱疾患等多くの患者さんのニーズがあります。目黒区医師会と目黒区休日診療所が地域住民の方々の健康維持に少しでも役に立てれば幸いです。

(W・H記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

冬場に多い頻尿について

冬場に多い頻尿について

令和3年12月1日 発行

冬になるとおしっこの回数が増える経験をされた方も多いのではないでしょうか?

起床から就寝までの間に8回以上おしっこに行くことを「頻尿」と呼びます。水分摂取量や体質などによって排尿回数は変化します。同じように水分を摂っていても寒くなると排尿回数が多くなる理由はいくつか考えられます。体が冷えると手足の末梢血管と呼ばれる血管が縮んで尿を作る臓器である腎臓へ通常より多い血液が運ばれるために尿量が増えること、夏場などの暖かい季節と比較して汗をかくことが少なくなるために体の水分が多くなって尿量が増えるため、寒さが交感神経を刺激するために尿意が強くなる、などが考えられます。

最近になって注目されているのは夜間頻尿です。歳だから仕方ない、と考えている方も少なくはないでしょう。就寝中に排尿に行くことを夜間頻尿と呼んでおり、近年、夜間頻尿の回数と寿命の関係についての研究報告がいくつか出ています。高齢者の夜間頻尿は健康寿命は反比例するとの研究結果だけではなく、海外の報告では夜間頻尿があると、死亡率が2倍になるとの研究結果もあります。

日中の頻尿や夜間頻尿が気になる場合は、まずは生活習慣の見直しが排尿回数を減らすご自分でできる簡単な解決方法です。少々手間のかかる方法であっても、何時何分にどれだけの量を排尿しているか数日間記録する「排尿日誌」の記録がおすすめです。平均して尿量が多ければ飲水量が多いことがほとんどですし、一回あたりの排尿量が少ないのに回数が多い場合は膀胱が尿を溜める力である蓄尿量になんらかの問題が生じている可能性があります。

近年「過活動膀胱」と呼ばれる病気が注目されており、有効な治療薬が処方されています。過活動膀胱は急激な尿意によって、トイレが近くなる、我慢できなくて尿が漏れる(失禁)などの症状を伴うものであり、日常の生活の質( QOL ) の低下を招きます。過活動膀胱の症状としては「尿意切迫感」「日中の頻尿」「夜間頻尿」「切迫性尿失禁」が挙げられます。

過活動膀胱の薬としては経口薬・貼付薬があります。また作用機序としては膀胱平滑筋の過度の緊張を緩めることによって膀胱が収縮しようとする動きを抑える抗コリン薬、膀胱の容量を増やす選択的β3アドレナリン受容体作動薬、の二種類があり過活動膀胱の治療薬として有効です。一方、抗コリン薬は口が乾く、喉が渇く、便秘がちになるなどの副作用もあり、選択的β 3アドレナリン受容体作動薬は心臓病のある方や不整脈の薬を服用している方には処方はできません。

2020年4月より生活習慣の見直しや治療薬でもなかなか症状が改善しない「難治性過活動膀胱」の治療法としてボツリヌス毒素膀胱壁内注入療法が保険診療できるようになりました。

日中の頻尿や夜間頻尿は、歳だからと考えないでかかりつけ医にご相談ください。

(K・O記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

コロナとメンタルヘルス

コロナとメンタルヘルス

令和3年10月1日 発行

昨年2月頃から広まってきた新型コロナウイルス感染症は、この原稿を書いている本年7月1日時点で、日本全国で80万人が罹患し1万4730人が死亡しています。

新型コロナウイルスについては、ワクチンや治療方法あるいは治療薬などが分かってきました。そのため罹患した人の身体については、昨年に比べて格段と治療成績が良くなっていると思います。しかし一方で、長引くウイルス感染の蔓延に伴い、患者さんのみならず罹患していない人達や医療者までもが薄暗い霧の中を手探りで歩くような状態が続き、その精神的ストレスによって様々な心理的ダメージや精神疾患が増えていると言われています。2020年の1月から5月までの自殺者は8006人、2021年の1月から5月までの自殺者は8929人と大きく増加しています。これが全てウイルス感染と関係している訳ではないと思いますが、無関係とは言えないでしょう。

一般的に、人が戦争や自然災害など抑圧された環境の中で生活を強いられる時、その閉塞感、恐怖、見通しのなさ、孤独感から、重症度の軽重あれ、一種の適応障害を引き起こします。新型コロナウイルス感染の流行により、学校や仕事環境もオンラインが一般的になり、人と会わない生活によって自然災害とは違ったストレスも加わっています。感染してしまった人はその上に罪悪感を感じ、感染していない人は感染するかもしれない恐怖を感じ、医療者は長時間労働や家族と会えない寂しさや無力感を感じ、加えてそこに風評被害によるストレスも時には加わります。さらに精神疾患に既に罹患している人々にはより一層様々な心理的圧力がかかります。

ではこのようないつ終わるとも知れない状況で、私たちはどう自らの心を守れば良いのでしょうか。もちろん感染症の収束が最も大事である事は間違いありません。元来精神疾患がある方々は、担当医によってケアされているでしょう。医療従事者のメンタルケアも十分大切ですが、今回は割愛します。この紙面では、それ以外の皆様にとってのケアについて述べたいと思います。

COVID-19に伴う精神症状のシステマティックレビューと題して、いくつかの論文が出ています。そこには不安障害としてのパニック障害や、感染恐怖、不安症、また孤立によるうつ病、自殺企図などがあげられています。
それに対処する方法は、

①正しい新型コロナウイルス感染症についての情報を得る事、
②可能な限り人と関わる事、
③感染に注意しながら家の外を散歩する事、
④抑うつ気分(何をやろうとしても気分が乗らないとか楽しい事が無い)を感じた場合には心療内科を受診する事、
⑤万が一自殺願望があるようならば、心療内科や精神科受診を急ぐ
などがあげられています。

①の正しい情報を得るというのは、報道の曖昧さもあり、これだけ情報が多い社会なのにかえって困難になっています。ですが、まずは感染症の専門家の意見を読んだり聞いたりする事が良いでしょう。
②や③はご自身が心がける事です。たとえオンラインでも、顔を見て話す事で孤独感が薄らぎ、不安、恐怖、抑うつ気分が和らぎます。昔、「三年B組金八先生」というドラマ番組で、金八先生が“人は互いに支え合うから人という字を書きます”みたいな話をしていましたが、その通りです。人は社会的な生き物ですので、社会の中の立ち位置が揺らぐと不安になります。
しかし、もし、そんな事をしても④や⑤になってしまった場合には、専門家に委ねる事が重要です。医療機関はしっかりと感染症対策をしていますから、過剰に感染を不安がらず心療内科を受診し訴えを聞いてもらってください。医師やカウンセラーに話すだけでも心が落ち着く事もあります。

新型コロナウイルス感染症は未曾有の人類の危機ですが、私たちの文明も、天然痘やペスト、コレラ、結核と数々の感染症を乗り越えた実績があり、当時よりも格段と医学も化学も進歩しています。感染の終わりはまだ見えませんが、出口は必ずあるので皆で前を向いて歩いていきましょう。

(C・M記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

コロナ禍におけるフレイル対策

コロナ禍におけるフレイル対策

令和3年8月1日 発行

新型コロナウイルスが中国の武漢で初めて報告されてからすでに1年半が過ぎようとしています。その間ウイルスは次々と変異し、私たちの生活はいまだに色々な自粛を強いられています。最近整形外科医として診療にあたっていると、患者さんから「このままの状況が続くとフレイルにならないか心配だ」という声を耳にします。今回はフレイルとは何か? どのような状態をさすのか? またフレイルと同様によく用いられるサルコペニアについても簡単に説明させていただきます。そしてコロナ禍が続くなか、どのようにフレイルに立ち向かっていけば良いのか私見を述べさせていただきます。

フレイルとは日本老年医学会が2014年に提唱した概念で、「frailty(虚弱)」の日本語訳です。健康な状態と要介護状態の中間に位置し、身体的機能や認知機能の低下がみられる状態を指します。簡単に言えば「加齢に伴って心と体の働きが弱くなってきた状態」と言えます。またサルコペニアとはギリシャ語で「筋肉」をあらわす「sarco(サルコ)」と「喪失」をあらわす「penia(ぺニア)」を合わせた造語で、筋肉量が減少して筋力低下や身体機能低下をきたした状態を指します。フレイルとサルコペニアは相関関係が深く、糖尿病に代表される生活習慣病・骨粗鬆症・運動器不安定症・認知症等の疾患と結びつきながら進行していきます。

フレイルチェックをやってみましょう。
□  体重が減った(半年で2~3kg減)
□  疲れやすくなった(わけもなく疲労感がある)
□  筋力の低下(階段を昇るのがつらい)
□  歩くのが遅くなった(青信号で渡りきれない)
□  活動性の低下(最近外出することが減った)

またイレブンチェックには栄養・口腔・運動・社会性からなる11項目があり、例えば口腔では「たくあんくらいの硬さの食品を普通に嚙み切れる」、社会性では「1日に1回以上は誰かと一緒に食事をしている」といった質問内容となっています。

フレイル予防には①1日3食バランスの良い食事 ②筋肉トレーニング(ウォーキング・体操・水泳等)③社会とのつながり が特に重要です。

整形外科領域では膝痛・腰痛の多くは体重増加が原因です。私はそのような患者さんに1日の食事内容をおやつも含め全てノートに記載してもらっています。もちろん体重計測も。すると炭水化物の摂取量に比べてタンパク質の摂取量が少ない事がよく解ります。日々の食事を見直す事は大変重要です。また記載する事は物忘れ防止にも役立ちます。これは体重減少が問題のフレイル予防にも当てはまります。

筋トレはつま先立ち訓練を勧めています。室内で一人でも簡単に行え、下腿の筋力強化になります。またテレビのラジオ体操もお勧めです。座って行ってもかまいません。できれば生放送で声を出しながら体操しましょう。孤独と感じず、ぜひ自己を楽しんでください。

社会とのつながりについては友人との食事やカラオケ、地域のボランティア活動等が推奨されていますが、いずれもコロナ禍では実行困難な状況です。たとえ外出が制限されていても対面困難であっても、スマホ等を積極的に活用し日々の対話を絶やさず情報交換する楽しみをみつけていく事が重要です。若者に負けてはいられませんよ。さっそく今日から始めましょう。

(Y・S記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

新型コロナワクチンを接種する区民の皆様へ

新型コロナワクチンを接種する区民の皆様へ

令和3年6月1日 発行

新型コロナワクチンは、弱毒化したウィルスやウィルスの抗原タンパクを外部から人体に接種する従来の方法とは違い、遺伝子技術を使い人体内部の細胞内で抗原タンパクを生産させることによって、ウィルスに対する免疫を獲得させようとするワクチンです。

現在、新型コロナワクチンには、ファイザー社、モデルナ社が製造しているmRNAワクチンとアストラゼネカ社が製造しているウィルスベクターワクチンの2種類があります。まずは、この2種類のワクチンの違いを説明します。

新型コロナウィルスの塩基配列が解読され、細胞内に侵入するための突起(スパイク)部分の塩基配列を特定したことで、新型コロナワクチンを製造することができましたが、そのワクチンを人体内部の細胞へ届ける仕組みに違いがあります。

ファイザー社、モデルナ社が製造しているmRNAワクチンは、スパイク部分と同じ塩基配列の遺伝子をmRNAに組み込んだワクチンです。

そして脂質ナノ粒子(LNP)のなかに入れることで細胞内へと取り込ませやすくしてあります。筋肉細胞内で疑似ウィルスとして働き、修飾塩基の組み込みによって、スパイク蛋白を大量に生成し、また、数時間でmRNAは消失していきます。

※1:ファイザー社とモデルナ社ではmRNAの構造上の安定性の違いから、超低温保管と冷凍保管に分かれます。

一方、アストラゼネカ社が製造しているウィルスベクターワクチンは、チンパンジーに感染するアデノウィルスの欠損DNAを用いるという、15年ほど前より安全に癌の遺伝子治療や遺伝性疾患などに使われてきた技術で、スパイク部分と同じ塩基配列の遺伝子を欠損部位に組み込むことにより、筋肉細胞内に入り込み、アデノウィルスのDNAにより細胞内で大量のスパイク蛋白を生成してくれます。また、欠損しているアデノウィルスDNAを使っているので、アデノウィルスは増殖できずに数日で消失してしまいます。

※2:15年前までのウィルスベクターでは、ウィルスそのものに毒性や増殖性があり、副作用が出ました。

副反応に関しては、アナフィラキシーショックが最も重要です。およそ、20万人に1人の確率です。特に過去ワクチン接種にて重大なアレルギーの出た方は、要注意です。もちろん緊急承認したワクチンなので将来的にどんな副反応や後遺症が出るかは誰にも予測できないところではありますが、今後有害事象を蓄積させていくことによって、将来の後遺症の有無も解明されてくるかと思われます。特に血栓症に関してはアストラゼネカ社のウィルスベクターで報告されていますが、これも因果関係の有無はまだ不明です。

効果に関しては、発症抑制率はファイザー、モデルナ社ともに95%、アストラゼネカ社で70%です。

(T・I記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る

心不全の注意点

心不全の注意点

令和3年4月1日 発行

超高齢社会を迎えて、日常さまざまな場面で心不全という言葉を耳にしますが、今月は心不全について考えていきたいと思います。

わかりやすい表現にすると「心不全とは、心臓が悪いために、息切れやむくみが起こり、だんだん悪くなり、生命を縮める病気」といわれています。

この言葉のなかに①心臓のポンプとしての機能が低下する原因があり、②息切れやむくみなどのさまざまな症状が出現し、③進行性で予後が悪い病気であるということが含まれています。

心不全はほとんどの心疾患の終末像といわれています。

心臓が悪くなる原因として、①血圧が高くなる病気(高血圧)②心臓を養っている血管の病気(心筋梗塞)③心臓の筋肉自体の病気(心筋症)④心臓の中には血液の流れを正常に保つ弁がありますが、その弁が狭くなったり、きっちり閉まらなくなったりする病気(弁膜症)⑤脈が乱れる病気(不整脈)⑥生まれつきの心臓病(先天性心疾患)があげられます。

それぞれの病気に対してそれぞれ適した治療法がありますが、①高血圧と②心筋梗塞は生活習慣病を基盤にしているので、特定健診などの段階から介入すれば新規発症を抑制することも可能ですので、積極的に特定健診等を通じて医療機関受診等を心がけましょう。

また以前に指摘された生活習慣病が心不全の悪化につながる可能性もあります。予防的観点からも食事などでの減塩、肥満の改善が望ましいことといわれており、まずは医療機関にそのことも含めて相談されてはいかがでしょうか?

ただし現在新型コロナ感染症拡大に伴い、なかなか医療機関を受診できないことが多いと思われます。それではご自宅で心がける注意点を考えてみたいと思います。

①まず心不全を疑うきっかけに注意しましょう。
まずは患者さん自身がなにかおかしいと感じて医療機関に受診しない限り、心不全の診断はできません。心不全を疑う症状に注意しましょう。

② 「むくみ」「息切れ」に要注意。その変化に注意しましょう。
心不全の初期に見られる症状として足の前面や足首、足の甲を指で押さえるとくぼみができるような「むくみ」や坂道や階段での「息切れ」があると言われています。
また心不全は全身に水分がたまってしまう状態です。
体重増加(1週間で2キロ以上の増加)や横になると咳が出たり苦しくなったりします。
徐々に心不全が悪化していることを示しており、早めに医療機関を受診してください。

③「横になると苦しくて眠れない」は緊急事態です。
横になっても息苦しい、苦しくて横になれないという状態は心不全の急速な悪化です。血圧が低くまた冷や汗が出て息苦しいときは心臓が十分な血液を送り出せていない状態の悪化かショック状態を示唆します。
これらの症状は緊急受診を要する症状です。すぐに医療機関等に連絡をお願いします。

医療機関を受診する際に手帳などに1週間の体重の増減などとともに具体的な心不全の症状を書き加えておきます。

・息切れ、胸痛、胸部不快感、動悸がする。

・靴を履くときにかがみ込んだり、お辞儀の姿勢をすると苦しくなる。

・手足や顔がむくむ。

・夜間に咳が出たり、就寝中や横になると息苦しくなるが、起きていると楽になる。

・夜間、尿意で起きることが多い。

・手足が冷たく、慢性的な疲れを感じる。

・意識を失ったことがある。

など気になる自覚症状がありましたら、お近くの医療機関の医師にご相談するのをおすすめします。

日本は世界でもトップクラスの超高齢社会であり、平均寿命は世界第1位です。

心不全を含む心疾患にかかる患者は増加し、がんに続いて、死因の第2位を占めています。高齢者の増加に伴い、高齢心不全患者さんが大幅に増加すること=「心不全パンデミック」が予想されています。

心不全の予後は加齢とともに悪化すると考えられ、心不全の発症率は50才代で1%、80才代で約10%とされています。発症率の高さからも心不全パンデミック時代を迎えます。

日常生活において心不全を疑うきっかけに注意をはらい、心不全を予防し再発させないための治療を少しでも早く医療機関で受けられることのきっかけとなれば幸いです。

(H・Y記)

knowledge_box-bottom
一覧へ戻る